• OnWaのひと

音大生のリアル〜私が黒しか着ない理由〜


私は黒い服しか基本着ません。服に限らず、持ち物は基本黒です。しかし黒以外の色が嫌いな訳ではないです。昔からそうだったかというとそうではなかったのです。自分でも不思議に思い始めたので分析してみました。


そもそも音大生の服装とは

かなり個人差はありますが一般的に清楚系できっちりした服装の方が多いです。中にはパンツルックは一切しない!という人も。実際私の親友は学校や音楽関係の場でジーンズを履いている姿を見たことがありません。つい先日お家に遊びにいったときに履いているのを見てびっくりしました。服装のTPOに関しては一般の方に比べて硬い気がします。これは幼少期からレッスンに行く服装、試験、演奏会といった場でのドレスコードが習慣化された結果だと思います。どんなところで先生にお会いするかわからないから普段からきっちりしておくべきという考え方があっての服装でしょうね。その結果、可愛らしいワンピ、綺麗めパンツ、花柄スカート、ヒール👠姿の方が多いです。(あくまでもイメージ)

試験ではみなさん、黒や紺のワンピースを着られるのですが、最近では先生方の間では視覚的にも飽きるし、若いんだからもっと色の服を着るべきとおっしゃられる方もいてだんだん変わってきている気もします。


でもそんなの気にしない

周りがお嬢さんらしい服装をしている中、私は全く気にせず好きな服を着ています。

ですが、TPOを守っていないわけではありません。黒しか着ないだけです。

また、音大生とは考えられないほどのアクセをつけています。リングは多くて12個付いている時もあります。そんなこともあって外に出たときに、音大生ではなく美大生と勘違いされることもあります。私の親友と歩いているとその差は歴然です。彼女はいつも女性らしい服装で音大生らしいのに対し、私は真っ黒超シンプルスタイルなので同じ業界の人間に見られません。


なぜ私は黒しか着ないのでしょうか? 尖りたいだけでしょ?という方もいます。

実際そうでもないのです。正直そんなにこだわりがないのです。

これからお話しする理由で私は黒を選択するようになりました。



・色の組み合わせのセンスが皆無

・選択肢が多いと選べない

・同じものを買いがち

・買うものが決まっていないと買い物ができない

・決まっている分それがないとピンチ!

・悩みやすい性格の割に断捨離は得意

・サステナブルな選択の結果→黒に統一

・やっぱり黒しか考えられない





色の組み合わせのセンスが皆無

私は色を組み合わせるセンスがないので、モノトーンに統一することでそれっぽさを保っています。 そんなこともあり、私はノートをまとめる際も色を全く使いません。太さを変えたり、囲ったり、線を引いたりすることで複数の色を使う役割を果たしています。 ペンを持ち変えるのもめんどくさいし、色があるとごちゃごちゃしているように感じて気持ち悪いと感じてしまいます。まとめるセンスがある人のノートの色使いは見ていて感心します。私には書き進めながらノート全体をデザインする能力がないので黒で統一することで最低限美しさを保っています。


選択肢が多いと選べない

私は選択肢が多すぎると自分では決められず、ものすごく悩んでしまうのです。黒を多くの色の中から選んでいるのではなく、選ばないで済むようにそもそも選択肢を持たないのです。 私は、黒い服しか持っていないのにそれでも毎朝悩むのです。素材の種類が多くてどう合わせるべきか悩むのです。この状態で更に色の選択肢が増えてしまったら一生外に出られなくなりそうです。 素材を合わせるという選択肢を省くためにワンピースを選択することも多いです。靴下も丈の違う2種類しか持たず、タイツの3択で決められるようにしています。(同じ種類のを繰り返し買い足しています。)


同じものを買いがち

選択肢を増やすことが苦手なので気に入ったものを複数買いがちです。 ユニクロで毎年長袖・半袖共に黒Tを3枚ずつかうし、靴下もずっと同じ種類、スキニーも何代目か分からないくらい同じものを愛用しています。 好きなブランドでも毎年同じようなデザインのワンピースが発売されるのでとりあえず買ってしまいます。他人から見たら同じもののようにみえるのでいつも同じ服きてるよねと勘違いされますが、ちゃんと毎回変えています。 繰り返し買うものは比較的どこでも買えて、悩む必要のないシンプルなデザインかつ黒で統一しているので無くなったり壊れても新しいものを探すのに悩みません。


買うものが決まっていないと買い物ができない

服やご飯など買い物するときには買うものがある程度決まっていないと優柔不断になってしまい何も買えないのです。 逆を返すと買い物する時は基本的に目的をもって行くので即終わります。ウィンドウショッピングみたいに楽しいことはほとんどなく、最短ルートで回って済ませることが多いです。


決まっている分それがないとピンチ!

特に食べるもははっきり決まっていてます。 その中でも一例を挙げるとセブンイレブンの炙り焼きサバ御飯に依存しています。自炊・友人との食事以外の食事は基本的にこれしか食べません。最寄りのコンビニに売っていなければ、他の店舗に行きます。近所には4軒セブンイレブンがあるのですが、たまーにどの店舗にも売っていない時があるのです。そうなると大変です。最後の4件目に10分以上滞在することになります。何を食べればいいか決められなくなってしまうのです。最近はなければマーボー麺を買うと決めているのですが、それがない時は最悪です。パンコーナーとお弁当コーナーをウロウロしちゃいます。結局決められず買わない時もあります。


悩みやすい性格の割に断捨離は得意

断捨離は大好きです。これは昔からです。 いらない、最近見なかったなと思ったら即捨てます。悩むことはほとんどないです。あー捨てなきゃ良かったと思うことは多いですが、買い直すことも無く、なくても生活できてしまっているのでちゃんと断捨離出来てるなと感じます。きっとこれは普段の自分の選択肢の中にすら入れていないものなんだも思います。だから悩まずに捨てられるんだなと感じます。そうしているうちに気がついたら生活から次第に黒以外の色が減っていきました。


サステナブルな選択の結果→黒に統一

今、現在に限定して自分に似合うものをチョイスするのではなく、今後も使用し続けられるものをチョイスするという点で黒というのとても都合がいいです。服、家具等買う時は10年後も使っているなと思えるデザインを重視します。そう考えた時に理想は黒だろうなと個人的な結論に至っています。


やっぱり黒しか考えられない

色々お話してきましたが、最初に言った通り以前ずっと黒に固執していたのではありません。大学入学前まではパステルカラーが大好きでした。黒しか選ばなくなったのはここ数年です。 一人暮らししてから、自分で色々な選択を行う機会が増えたのが考え方の変化の大きな要因だなと感じます。特に買い物、以前はいつも母について行き母の意見に大きく影響を受けていました。ですが、今は自分で全ての選択を強いられ、生活と共に自我が形成され今の買い物の仕方になりました。そんなこんなで私物は真っ黒に、黒い服しか着なくなりました。 色を選ばない生活楽ってとても楽です! 1度ひとつの色だけしか選択しない生活をしてみてください。それだけで日々の、生活がものすごく効率化されるはずです!


音大生らしい服装のイメージはあくまで個人の感想です。最近は多様化して一概にこうだよね!と言えなくなって着ていますが、だいたいこんな感じです。




20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

OnWa株式会社

〒154-0004

東京都世田谷区太子堂1丁目14番14-212号

  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitter
  • YouTube

GO TO TOP

© 2021 OnWa Inc.