• OnWaのひと

音大生のリアル〜大学4年進路について〜


気がつけば4年生4月が一瞬で終わっていました。

周りが就活を始めるなか、私は就活をやめることにしました。


理由は ‘’音楽をやっていた人‘’になりたくなかったから。


就活をしていると嫌でも自分を振り返り、自分を説明することになります。

その時に、自分は音楽で成果を残していないし、何も自慢できるものがないと感じました。 就職して音楽を両立することも考えましたが、私には厳しいなと感じていました。

(本番前にごっそりピアノに集中できる環境がないと厳しい。私がしたい仕事はそれが無理そうだった。)


「音楽している時間が大切」だと身に染みて感じることが増えた

‘’ピアノ<その他‘’の時間配分になったときに(最近は特に忙しくこの状態が続いています。)、家を出る前やパスタを茹でる等の僅かな10分でもピアノを弾きたいと思い、本能的に部分練習をしていることが多いです。

明らかに音楽を求めているのです。


大学入学前は、「音楽は大学まで」と考えていましたが、

今ではそんなことが出来そうにない。‘’もったいない‘’という気持ちがめばえました。

大学卒業したら、ピアノは辞める!」と公言していた私は、

よく色んな人に‘’もったいない‘’と言われていました。

「一芸を持ってるのに。」と羨ましがられることもありましたが、

私は才能がないのでそう言われてとても苦しいと感じていたのです。


私のいう‘’もったいない‘’はピアノを辞めることではない。

‘’完成形のない(目標がはっきりしない)、芸術のために努力できる楽しさ‘’ を手放すのが、もったいないと強く感じるようになりました。

OnWaでのお仕事、フリーで受けたお仕事を通して

確かに達成感はある、頭を使って集中し、なにかに打ち込んで、誰かの役に立つ感覚も悪くない。でも、これじゃない。今は、まだこれに絞る必要がない

と考えるようになりました。


練習は死ぬほどきついし、たまに筋トレ・作業のようなこともしないといけないので辛いことが多いです。

でも、練習で得られることは ‘’上達する‘’ だけではありません。


音楽が与えてくれるもの

夜、疲れている時に弾く「ノクターン」(とりあえずなんでもいい 夜のイメージが出来れば)は別格。昼間に弾くのとでは大違いです。 ノクターンは夜想曲と訳される通り、夜にしんみり弾くのがものすごくすきです。

譜読み段階では、全然音楽としての流れがなくて、左右の手のバランスが酷くて人にきかせられるものではないけど、その最中のふとした瞬間に、

自分の‘’その時‘’の気持ちにピッタリな音やフレーズを見つけることがあります。

心が浄化されるような、何か思い出が蘇るような、そんな感覚になる。自分の鳴らす音に、感動するのです。

自分のために音を出して、自分を宥める感覚に陥る

この感覚は音楽でしか得られたことがありません。

「へええそうなんだー」というような知識が増えることはあっても、

心に影響を与えるようなものを他で感じることは多くありません。


ピアノの練習はただ弾いているだけではない

私は人に悩みを相談出来ず、抱え込むタイプなので、自分で自分の処理をしなきゃいけないタイプです。

小さい頃からピアノを弾くと、自分自身の精神状態(個人的にものすごく浮き沈みが激しい)が表れると気づいていたので、自分でコントロールするようになっていました。

(明るい曲を弾かないといけないのに気分上がらない、暗い曲だけど、気持ち沈みすぎて前に進んでいかず停滞してる等、自分の精神状態とは違う気持ちになって演奏しないといけないから気持ちを切り替える必要がある。)


疲れている時に、ピアノを弾くと泣けてくることが多いです。 ピアノは言葉では表現出来ない感情を表現できるツールだと思っています。

「言葉にしたくない、できない」といったアンニュイな感情をアウトプットできるのって芸術特有の産物だよぁ。。。笑


なんて、ことを思いながら弾いています。


これだから、ピアノやめられない。まだまだ学び続けたいと感じてしまうんでしょうね。


最近自分が、どう弾きたいか、何を演奏したいか、が見えてき始めた

そんな時にやめるのは勿体ないし、ピアノを続けられる環境にある現状を大切にすべきだと思うようになりました。

オンライン化が進むなか、こんなにもアナログなことを毎日やっている。。。 それが楽しいし、他にはない魅力だと思います。

自動演奏が導入されても、絶対になくなることがないって確信できるから続けられるんだと思います。 未来では47%( だったかな?)がAIに仕事を奪われてしまうらしくそんなことを考えてしまいます。


音楽を仕事としてお金にするのは大変だけど 人間として文化的な生活をおくれるなら、その方が絶対楽しいし、後悔しなさそうなので頑張ろうと思います。



引き続き音大生がんばります


新型コロナウイルスで環境が変わり、大変な毎日ではありますが、昨年よりも対面とオンラインの授業、両方がスムーズに行われるようになりました。

オンライン授業が通常化されたおかげで、時間を有効活用できるようになりました。 4年生でもたくさん授業を受講することにしましたが、学校に行くのは月曜に2コマだけ。 ほとんど学校にいっていないので、未だに3年生と名乗ってしまいます。 1年間ってすごく早いですよねぇ。 ラスト1年間大学生活を満喫したいと思います! 今年度も「音大生のリアル」を書いていきます!



インスタ毎日更新始めました

今までにないニッチな音楽情報をお届け!

音楽のことならなんでもOKにしてゆるゆる更新しています。 こちらから飛べます!

50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示