• OnWaのひと

音大生のリアル~1週間ピアノやめてみた~


音大生のリアル~1週間ピアノやめてみた~

訳あって1週間ほど祖母の家に行ってきました。 祖母の家にはピアノがないので、必然的にピアノから離れるかたちになりました。 内心、ピアノから離れられることをワクワクしていました。でも、ピアノを弾くことは歯磨きと同じ必須作業なので途中から禁断症状がではじめました。そんな1週間をお話したいと思います。


1日目・2日目

3日目・4日目

5日目

6日目7日目

1日休むと取り戻すのに3日かかる


1日目・2日目

色々疲れが溜まっていて一回気持ちをリセットしたいと考えていたので、ピアノから強制的に離れることでストレスが減ると思って内心ワクワクしていました。

1日目は荷造りと移動時間で1日が終わりました。

2日目も朝からお出かけをしました。久々に母に会うということもあってお買い物日和でした。大学の話をしたりすることはあってもピアノのことを話すことはあまりありませんでした。むしろ今までピアノやっていなかったのでは?と思うほどピアノのことを考えていませんでした。


3日目・4日目

おばあちゃんに「ピアノが聴きたい」と言われ、ピアノが脳裏をよぎり始めました。

Instagramでおすすめ欄にピアニストの動画が流れるたびにどきっとするのです。

指が動かなくなるのではと机でカタカタし始めました。

4日目にとりあえず持ってきていた楽譜が目にとまりました。

バッハを春休み中に譜読み予定だったので、アナリーゼだけでもと思い持参していました。

譜読みが苦手ということもあってどんどん不安が募ってきました。

今回1週間も帰省した理由は気持ちをリセットすること、親孝行が目的だったので家族との時間を優先するために楽譜を閉じました。


5日目

高校時代の友人に声をかけ、再会しました。彼女は書道を専攻しています。

文化は違えど、同じ伝統的な芸術をやっている点で意気投合しました。

全く違うジャンルですが、悩むポイントが似ていて、同じジレンマを抱えていました。

自分がやっていることが不安でたまらなかったので、同世代の彼女が同じ考えをしていて安心しました。むしろ自信がついてもっと頑張らなくては!と思うようになりました。

自分よりも行動力のある彼女を見ていると、自分の無力さを感じ音楽にもっと向き合わなくてはとやる気が湧いてきました。

あぁピアノが弾きたい!!!!と帰りの電車でうずうずしていました。


6日目

ピアノから離れすぎて不安な気持ちがどんどん溢れてきました。

移動時間、隙間時間にyoutubeやSNSでピアニストの演奏を聴き始めます。

頭の中でイメトレをし続けます。東京に帰ったらここをこうしよう、あそこはこうすべきだと色々試行錯誤し始めます。鍵盤がないので実音がどうなるか分からなくて、早く試したい!うおおおおっと脳内では爆発しそうでした。指使いを考え始めて、本当にこれでいいのか答え合わせしたいとうずうずが止まりませんでした。


7日目

出先に大きめの楽器屋さんを発見。ちょっと見に行こう。鍵盤触りたいと気がついたら店内にいました。

グランドピアノの数が多く、私以外にお客さんがおらずスペースも広めで試弾しがいのある空間でした。

さあ、座って弾こうじゃないか!とワクワクして、弾き始めました。

そこでショックを受けます。

明らかに細かいパッセージが下手くそなのです。指が動きにく、鍵盤から指をあげにくくなっているのを感じました。

え?え?え?と焦りました。暗譜できていたはずの部分が不確実すぎて悲しくなってきました。

弾いているうちに、自分の部屋のピアノのあの音くるってたな…ああこここうしたいなと色々欲が湧いてきてきました。

ピアノから離れて7日目にもなると、不安でイライラが止まらなくなり始めました。



1日休むと取り戻すのに3日かかる

この言葉はよく聞くと思いますが、まさにその通りで日々継続の必要性を感じました。

1日程度だったら良い意味で力が抜けて良い方向に向くことが多いですが、流石に7日間はダメです。

この7日間サボった分を取り戻すのに21日…約1ヶ月もかかるのか。

人にもよると思いますが、心配性の私はピアノから離れすぎると不安で仕方なかったです。

一番は明らかに指の動きが鈍くなったと感じることです。

春休み中はいつもよりも時間があるので、7日分をしっかり取り戻して行きたいと思います。


お知らせ

隙間時間にサクッと見れる情報SNS始めました!

Instagramにて毎日更新しています!

音楽家に必要なマーケティング・SNS運用についてこれからどんどん発信して行こうと思います!

アカウントはこちら↓クリックして飛べます

Instagram@onwa77

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示